学費の面から「私立の医学部なんて考えられない」と考えるご家庭は数多くあると思います。そのため、「医師に憧れがあるけど、家のことを考えると、とても言い出せない」という人も少なくありません。

医学部の学費が高いのは事実ですが、一方で、各私大では特待生や奨学金制度を設け、志のある学生に対して少しでも広く門戸を開こうとしています。自治体の奨学金制度等と組み合わせると、国公立プラスアルファの学費負担で済むケースもあります(参考:経済的理由であきらめない)。

国公立の医学部であれば、6年間の学費は約350万円です。しかし、偏差値の高さや試験科目の多さを考えると、特に現役生に取っては非常に狭き門となっています。私立医学部も難関であることに違いはありませんが、一般入試では科目が限られるため、多少ハードルは下がります。

もし、医師になりたい強い気持ちがあり、挑戦できるだけの学力を身につける覚悟があるのであれば、私立大学の奨学金情報を手に入れてみましょう。進学可能な私立医学部が見つかるかもしれません。下に各私立大学の主な奨学金をまとめましたので、参考にしてみてください。

主な奨学金

※PDFが開きます
※最新情報は、各大学のホームページでご確認ください

共通

共通の奨学金

北海道・東北

岩手医科大学 東北医科薬科大学

関東

自治医科大学 獨協医科大学 埼玉医科大学 国際医療福祉大学
北里大学 東海大学 聖マリアンナ医科大学

東京都

杏林大学 慶應義塾大学 順天堂大学 昭和大学
帝京大学 東京医科大学 東京女子医科大学 東京慈恵会医科大学
東邦大学 日本大学 日本医科大学

北信越・東海

金沢医科大学 愛知医科大学 藤田保健衛生大学

関西・中国・四国

大阪医科大学 関西医科大学 近畿大学 兵庫医科大学
川崎医科大学

九州・沖縄

久留米大学 産業医科大学 福岡大学