2015〜2017年度のボーダー偏差値の推移をまとめました。2017年度のボーダー偏差値を元にランキング形式で表示しています。

偏差値上昇

70.0▶︎72.5:京都大学
67.5▶︎70.0:千葉大学、神戸大学
65.0▶︎67.5:長崎大学、福島県立医科大学

偏差値が上昇したのは5校。2018年度は敬遠する受験者が増え、偏差値が下がる可能性もありますが、いずれにせよ最難関レベルの医学部であることは間違いありません。受験層が変わらなければ、偏差値が高止まりする可能性もありそうです。

偏差値下降

70.0▶︎67.5:東北大学
67.5▶︎65.0:金沢大学、浜松医科大学、滋賀医科大学、高知大学
65.0▶︎60.0:秋田大学

反対に偏差値が下がったのは6校。それでも秋田大学のセンター試験ボーダー得点率は83%と、他学部であればトップレベルです。2018年度はかえって人気が集まり、偏差値が再度上昇するかもしれません。

ランキング

大学2015年度2016年度2017年度2017センター試験
ボーダー得点率
東京大学72.572.572.594%
京都大学72.570.072.591%
千葉大学70.067.570.089%
東京医科歯科大学70.070.070.091%
山梨大学
※後期のみ
67.570.070.089%
大阪大学72.570.070.090%
神戸大学67.567.570.090%
奈良県立医科大学67.570.070.089%
北海道大学67.567.567.589%
弘前大学67.567.567.583%
東北大学67.570.067.588%
筑波大学67.567.567.588%
岐阜大学67.567.567.588%
名古屋大学67.567.567.589%
三重大学67.567.567.587%
岡山大学67.567.567.588%
広島大学67.567.567.588%
愛媛大学65.067.567.584%
九州大学67.567.567.588%
長崎大学67.565.067.587%
熊本大学67.567.567.585%
福島県立医科大学65.065.067.585%
横浜市立大学67.567.567.589%
名古屋市立大学67.567.567.588%
京都府立医科大学70.067.567.587%
大阪市立大学67.567.567.589%
旭川医科大学67.565.065.085%
山形大学62.565.065.086%
群馬大学65.065.065.086%
新潟大学65.065.065.089%
富山大学65.065.065.086%
金沢大学65.067.565.086%
福井大学65.065.065.085%
信州大学65.065.065.086%
浜松医科大学65.067.565.085%
滋賀医科大学67.567.565.086%
鳥取大学65.065.065.085%
島根大学65.065.065.085%
山口大学67.565.065.086%
香川大学65.065.065.086%
徳島大学65.065.065.087%
高知大学65.067.565.085%
佐賀大学65.065.065.085%
大分大学65.065.065.084%
宮崎大学65.065.065.084%
鹿児島大学65.065.065.086%
琉球大学65.065.065.085%
和歌山県立医科大学67.565.065.085%
札幌医科大学65.062.562.586%
秋田大学62.565.060.083%

※ランキングは前期ベース
※ボーダー偏差値は河合塾データより