高校受験がないことが最大のメリット

医学部は、どの大学もボーダー偏差値60を超えており、今や最難関学部として知られています。国公立大学医学部の難度が高いのはもちろんですが、私立大学医学部は倍率が非常に高く、例年30倍前後で推移しています。受験教科は基本的に3教科+小論文/面接と少なくなるものの、国公立とはまた違った難しさがあります。

私立 2016年度 2015年度 2014年度 2013年度
志願者数 104,015 107,245 106,808 94,055
入学者数 3,486 3,364 3,341 3,316
倍率 29.8 31.9 32.0 28.4

そこで注目されているのが、中高一貫校です。特に大都市圏では、中高一貫校に入学し、高校受験に時間を取られることなく、大学受験に向けた準備をすることが、医学部現役合格への一つの王道となっています。高2までに高3までの内容を先取りし、高3の期間を問題演習に充てるというのが一般的なペースです。

今回は、静岡県内で医学部合格実績のある中高一貫校をまとめましたので、参考にしてみてください。高校名から、合格実績のホームページをご覧いただけます。

※各市別に五十音順で掲載

静岡市

静岡学園中学校・高等学校[私立]

通称は「静学(しずがく)」。近年、国公立、難関私立大学合格者が増えている。スポーツが盛んで、特に多くのサッカー選手を輩出している。

静岡北中学校・高等学校[私立]

平成19年度より、スーパーサイエンスハイスクール。静岡理工科大学の系列校。通常授業終了後80分の進学講座を行う、理数科、国際コミュニケーション科がある。

静岡サレジオ[私立]

難関の医・歯・薬学部等をはじめ難関国公私立大学に現役での進学を目指すエグゼコースがある。他にも、上智大学と教育提携し、同校を目指すソフィアコースがある。
中高一貫校という選択 第1回静岡サレジオ

静岡聖光学院中学校・高等学校[私立]

難関国公立私立大学を志望する生徒、又は学内のテストで優秀な成績を修めた生徒で構成される総合クラスがある。高校からの生徒募集は行わない県下唯一の中高一貫男子校。

静岡雙葉高等学校・中学校[私立]

医学部も含めた難関国公立私立大学への合格多数。平成29年度より、4つのコース制が導入された。高校からの生徒募集は行わない中高一貫女子校。

静岡県立清水南高等学校中等部[公立]

清水東高校の分校として開校した、ラグビーの名門校。県立清水南高校中等部を併設。

東海大学付属静岡翔洋高等学校・中等部[私立]

東海大学の附属学校。部活動に力を入れており、サッカーをはじめ、甲子園、花園、全日本吹奏楽コンクールなどが高成績を残している。同大医学部への付属推薦がある。

浜松市

静岡県西遠女子学園[私立]

中高一貫女子校で、高2から国公立文系、理系、私立文系・看護・芸術系等のコースに分かれる。

静岡県立浜松西高等学校中等部[公立]

旧制浜松二中を前身とする公立中高一貫校。高校からも生徒募集を実施している。

浜松日体中学校・高等学校[私立]

選抜コース(Ⅰ類・Ⅱ類)、文理コース、一貫コースを設置している。

沼津市

加藤学園暁秀中学校・高等学校[私立]

国際バカロレア認定校で、国語・保健体育以外の授業を英語で行うバイリンガルコースがある。海外大学の合格実績も多数あり。

三島市

日本大学三島高等学校・中学校[私立]

17〜21クラスあるマンモス校。進学クラス、特別進学クラス、国際クラスを設置している。

富士市

静岡県富士見中学校・高等学校[私立]

平成26年に中学校を開設し、中高一貫校に。特進コース(Ⅰ類・Ⅱ類)、進学コースを設置している。

藤枝市

藤枝明誠中学校・高等学校[私立]

普通科と英数科を設置している。

磐田市

磐田東中学校・高等学校[私立]

普通科(特進コースⅠ類・Ⅱ類)と英数科を設置している。

菊川市

常葉大学附属菊川中学校・高等学校[私立]

普通科と美術・デザイン科を設置。普通科には普通コース、文理コース、一貫Sコースがある。

裾野市

不二聖心女子学院 中学校・高等学校[私立]

高校からの募集は行わない中高一貫女子校。ユネスコスクール認定校。