2018年度より関西医科大学で5人、日本医科大学で3人を新たに募集

静岡県には「医学修学研修資金制度」があり、月額20万円、最大6年間で1,440万円の貸与を受けることができます。医師不足の現状を改善するため、他県には例を見ない120人という大規模な貸与枠を設けています。しかも、臨床研修後、貸与期間の1.5倍の期間、県が指定する公的医療機関に従事することで、返還が免除される仕組みです。

参考:静岡県HP(http://www.pref.shizuoka.jp/kousei/ko-450/igakushougakukin.html

静岡県では120人の貸与枠のうち、7大学34人分を地域枠入試に充てています。地域枠は静岡県医学修学研修資金の貸与を受け、静岡県の地域医療に貢献することを条件とした入試制度で、2018年度入試から関西医科大学で5人、日本医科大学で3人が増枠となりました。

現在の静岡県地域枠入試は出身地を問わず、全国から応募可能ですが、厚生労働省が「医学部の地域枠入学生を地元出身者に限定する」よう求めたこともあり、来年度以降は応募資格が静岡県出身者に限定される可能性があります。静岡県出身者にとっては、気にしておきたいニュースです。

【静岡県地域枠設置大学】

※セはセンター試験
※二次はいずれか1日
※帝京の一次は3日受験可
※近畿は推薦のため、既に終了

大学 地域枠 一次 二次 備考
川崎医科 10 1/21 1/26,27 一般
順天堂 5 1/18 1/27-29  
近畿 5   11/19 12/3 推薦
関西医科 5 1/27 2/12 前期
3/3 3/13 後期
日本医科 4 2/28 3/9 後期
東海 3 2/10,11 セ利用
帝京 2   1/25-27 2/2,3 一般