センター比率 最高73.3%、最低20%

2018年度国公立大学医学部(前期入試)のセンター試験と二次試験の配点比率をまとめました。センター比率は、最も高かった旭川医科大学と秋田大学の73.3%から、最も低かった東京大学、京都大学の20.0%まで、実に53.3ポイントもの差がつきました。

※セ率:センター試験比率
※センター試験比率の高い順に掲載
※内容は変更される可能性があるため、必ず各大学の募集要項等でご確認ください

国立

大学 偏差値 センター
得点率
定員 備考 セ率
旭川医科 65.0 85% 40   73.3%
秋田 65.0 85% 55   73.3%
佐賀 65.0 84% 50   72.4%
徳島 65.0 87% 72   69.2%
島根 65.0 85% 62 県内枠7含む 63.6%
新潟 65.0 88% 85   62.5%
浜松医科 65.0 86% 75   61.3%
弘前 67.5 84% 65 青森枠15含む 60.0%
山形 65.0 86% 75 地域枠10含む 60.0%
群馬 65.0 86% 71 地域枠4含む 60.0%
福井 65.0 85% 55   60.0%
鳥取 65.0 86% 65 地域枠22含む 60.0%
山口 65.0 84% 60   60.0%
香川 65.0 86% 59 地域枠9含む 60.0%
宮崎 65.0 83% 50   60.0%
琉球 65.0 83% 70   60.0%
富山 62.5 85% 60   56.3%
大分 65.0 84% 65   52.9%
鹿児島 65.0 85% 69   52.9%
筑波 67.5 88% 77 地域枠14含む 50.0%
信州 65.0 85% 100   50.0%
三重 67.5 87% 75 地域枠5含む 50.0%
滋賀医科 65.0 86% 75   50.0%
高知 65.0 85% 60 地域枠5含む 50.0%
愛媛 67.5 84% 40   47.8%
大阪 70.0 91% 100   45.5%
神戸 67.5 90% 92   44.4%
金沢 67.5 87% 84   42.9%
岡山 67.5 88% 98   42.9%
北海道 67.5 88% 97   40.0%
岐阜 65.0 87% 32   40.0%
熊本 67.5 85% 95   40.0%
九州 67.5 87% 111   39.1%
長崎 67.5 85% 76   39.1%
名古屋 67.5 89% 90   35.3%
千葉 67.5 89% 92   33.3%
東京医科歯科 70.0 91% 82   33.3%
広島(A配点) 67.5 87% 38   33.3%
広島(B配点) 67.5 87% 37   33.3%
東北 67.5 88% 105   25.0%
京都 72.5 91% 102   20.0%
東京 72.5 95% 97   20.0%

公立

大学 偏差値 センター
得点率
定員 備考 セ率
札幌医科 62.5 86% 75 北海道枠55含む 53.8%
福島県立医科 65.0 85% 67 地域枠25含む 52.0%
名古屋市立 67.5 88% 70   50.0%
奈良県立医科 70.0 87% 22   50.0%
和歌山県立医科 65.0 86% 79 県民医療枠15含む 46.2%
横浜市立 67.5 89% 85 地域枠20、診療科枠5含む 45.5%
大阪市立 67.5 89% 95 地域枠10、大阪枠5含む 44.8%
京都府立医科 67.5 88% 100   42.9%