兵庫医科大学で英語資格を使った試験を新たに導入

医学部に合格する一つの戦略として、自分に合った入試方式の大学を選ぶことが挙げられます。しかし、医学部入試は毎年、めまぐるしい変更が実施されています。受験しようと思っていた入試方式が廃止されていた、などということがないよう、各大学のホームページや募集要項等で必ず確認するようにしましょう。

注目は兵庫医科大学です。医学部においてもセンター利用入試の拡大が進む中で、2019年度はセンター利用入試を廃止すると発表しました。代わりに、英語の資格を点数化して評価する「一般入試B(高大接続型)」が新たに設けられました。この英語資格は、出願要件にもなっています。

英検:準2級以上かつ1980点以上
GTEC CBT:880点以上
IELTS(Academic Moduleに限る):4.0以上
TEAP4技能:226点以上
※4技能を評価し、かつ2017年4月以降に実施された上記の英語資格・検定試験に限ります。
兵庫医科大学HPより抜粋)

以下に2019年度入試の主な変更点をまとめましたので、参考にしてみてください。

※5/9時点の情報です
※「セ」は「センター試験」
※内容は変更・修正される可能性があるため、必ず各大学の募集要項等でご確認ください

私立

大学 方式 変更点 2019 2018
藤田医科   大学名称 藤田医科大学 藤田保健衛生大学
関西医科 前期 募集人員 86人 85人
後期 募集人員 6人 7人
セ・一般併用 選抜方式 10人
学校推薦 選抜方式 10人
特色入試 選抜方式 若干名
兵庫医科 一般B 選抜方式 10人(要英語資格)
セ利用 選抜方式 廃止 前期、後期