センター比率80%以上は5校

2019年度国公立大学医学部(後期入試)のセンター試験と2次試験の配点比率をまとめました。後期は学科試験課さない大学も多いため、面接・小論文等の配点を含んだ比率となっていあす。センター比率が最も高かったのは名古屋大学(地域枠)で100%。以下、山形大学、鳥取大学、広島大学90%、香川大学80%と続きます。最も低かったのも岐阜大学と奈良県立医科大学で、25%でした。

浜松医科大学の2次試験は面接と小論文のみで、センター比率は72%もあるため、センターのボーダー得点率は90%と非常に高くなっています。

※偏差値:ボーダー偏差値(合格率50%)
※セ得点率:センター試験のボーダー得点率(合格率50%)
※セ試:センター試験の配点
※2次:2次試験の配点
※セ率:センター試験の配点比率
※面:面接
※小調:上段は小論文、下段は調査書の配点
※センター試験比率の高い順に掲載
※名古屋大学後期は地域枠
※ボーダー偏差値、ボーダー得点率は河合塾データ(2019年度予想)より
※内容は変更される可能性があるため、必ず各大学の募集要項等でご確認ください

大学 偏差値 セ得点率 定員 セ試 2次
調
セ率
名古屋 91% 5 900 0           100.0%
山形 90% 15 900 100       100   90.0%
鳥取 90% 20 900 100       100   90.0%
広島 94% 20 900 100       100   90.0%
香川 90% 25 1200 300       100 200 80.0%
富山 90% 20 1200 350       350 77.4%
琉球 86% 25 1000 300       200 100 76.9%
愛媛 88% 25 900 300       100 200 75.0%
宮崎 70.0 88% 20 900 300 150   150     75.0%
鹿児島 88% 23 900 320       120 200 73.8%
浜松医科 90% 15 900 350       250 100 72.0%
東京医科歯科   95% 10 500 200       100 100 71.4%
秋田 89% 25 700 300       200 100 70.0%
佐賀 88% 10 630 280       180
100
69.2%
福井 90% 25 450 220       120 100 67.2%
三重 90% 10 600 300       100 200 66.7%
山口 85% 10 1000 500       200 300 66.7%
旭川医科 70.0 88% 15 550 350     200 150   61.1%
福島県立医科 87% 23 450 360       60
300
55.6%
山梨 65.0 88% 90 800 1200   600 600     40.0%
千葉 70.0 92% 20 450 1000 300 300 300 100   31.0%
奈良県立医科 72.5 90% 53 300 900 225 225 450     25.0%
岐阜 70.0 90% 35 400 1200 400 400 400     25.0%