奨学金を知る

日本の人口1,000人当たりの臨床医数は、OECD(経済協力開発機構)加盟国の単純平均3.2人に対して2.3人と、医師不足の状態にあると言われています。その上、大都市圏に数が集中しているため、地域医療の崩壊を指摘する声も少なくありません。

そこで、2016年に東北医科薬科大学、2017年に国際医療福祉大学に医学部の新設を認めるなど、国を挙げて医師不足の解消を図っています。特に地域医療に従事する医師が不足しているため、各自治体でも奨学金制度を設け、支援を行うようになりました。

私立の医学部は6年間の学費が約2,000万〜4,700万円と高額です。しかも、医学部は入学後も勉強が忙しく、6年間勉強に集中できる経済的環境があるかどうかは、医師になる上で大切な要素の一つであると言えます。各自治体の奨学金制度は、こうした医師になる上での経済的ハードルを下げる役割を果たしています。

私立大学医学部 学費ランキング

  6年間の費用 初年度費用 2〜6年次平均 大学 備考
1 19,100,000 4,600,000 2,900,000 国際医療福祉  
2 20,800,000 2,900,000 3,580,000 順天堂 1年次の寮費別途
3 22,059,600 3,843,350 3,643,250 慶應義塾  
4 22,810,000 3,810,000 3,800,000 東京慈恵会医科  
5 23,000,000 5,000,000 3,600,000 自治医科 ※修学資金貸与制度により、学費の全額と学業準備費40万円が貸与される。指定された医療機関で一定期間勤務することで、返還免除となる
6 23,786,800 4,797,800 3,797,800 日本医科  
7 25,800,000 4,800,000 4,200,000 東邦 委託徴収金497,800円別途
8 28,140,000 5,860,000 4,456,000 関西医科  
9 28,172,000 5,422,000 4,550,000 昭和 1年次の寮費827,000円含む
10 29,833,000 7,578,000 4,451,000 東京医科  
11 30,526,000 6,596,000 4,786,000 藤田医科  
12 30,697,800 6,122,800 4,915,000 産業医科 医学部修学資金貸与制度があり、貸与総額は19,193,200円(実質支払額は6年間で11,296,800円)
13 32,075,000 6,600,000 5,095,000 大阪医科  
14 33,470,000 6,420,000 5,390,000 日本  
15 33,916,000 9,401,000 4,903,000 東京女子医科  
16 34,105,000 6,555,000 5,510,000 東北医科薬科  
17 34,350,000 8,350,000 5,200,000 愛知医科  
18 34,732,000 7,217,000 5,503,000 聖マリアンナ医科  
19 35,303,200 6,473,200 5,766,000 東海  
20 35,827,000 6,804,500 5,804,500 近畿  
21 36,036,000 10,236,000 5,160,000 岩手医科 1年次の寮費836,000円含む
22 36,378,000 9,313,000 5,413,000 久留米  
23 37,300,000 10,300,000 5,400,000 獨協医科  
24 37,590,700 10,090,700 5,500,000 杏林  
25 37,600,000 9,025,000 5,715,000 兵庫医科  
26 37,738,260 8,626,710 5,822,310 福岡  
27 39,360,000 9,320,000 6,008,000 北里  
28 39,380,140 9,370,140 6,002,000 帝京  
29 39,570,000 8,820,000 6,070,000 埼玉医科 毛呂山会支部会費別途((千円〜4万円/年)
30 40,543,000 11,943,000 5,720,000 金沢医科  
31 47,115,000 12,115,000 7,000,000 川崎医科

※ランキングは、6年間の学費が少ない順に掲載しています
※内容は変更される可能性があるため、必ず各大学の募集要項等でご確認ください

例えば、奨学金の貸与枠を年120人分設けている「静岡県医学修学研修資金」では、貸与額が6年間で1,440万円。静岡県出身者だけでなく、全国から応募を受け付けており、どの大学の医学部に進学しても申請可能です。しかも、「卒業後、静岡県が個別に指定する医療機関で、医師として9年間勤務」すれば、返還が免除となります。

私立医学部の平均学費(6年間で約3,200万円)に近い藤田医科大学と、私立で最も安い国際医療福祉大学でこの制度を利用すると、以下の金額まで費用を抑えることができます。

【医学修学研修資金を学費に充てた場合】(万以下は四捨五入)

    • 藤田医科大学

奨学金なし:6年間3,053万円/年間平均509万円
奨学金あり:6年間1,613万円/年間平均269万円

    • 国際医療福祉大学

奨学金なし:6年間1,850万円/年間平均308万円
奨学金あり:6年間 410万円/年間平均 68万円

    • 国公立大学医学部(備考)

6年間 350万円/年間平均 58万円

また、御前崎市でも月額25万円を貸与する独自の奨学金制度を設けています。こちらは、市立御前崎総合病院への勤務を条件に奨学金の返還が免除されます。
参考:市立御前崎総合病院の奨学金制度
御前崎市病院事業医師、薬剤師、看護師及び介護福祉士奨学金の貸与に関する条例

「医学部はお金がかかる」というイメージが(事実とはいえ)強過ぎるため、各自治体の支援制度は、まだまだ知られているとは言えません。つまり、最初から経済的な理由で医学部受験を避けてしまうことが多いのです。もし、あなたが、あるいはお子様が、医師という職業に興味を持っているのであれば、経済的負担を減らせる制度があるということを、ぜひ知っておいてください。

ただし、注意点もあります。返還免除条件のある自治体の奨学金は、将来的に地域の医師不足を解消するために、その担い手を育てようと手厚い支援を行っています。そのため、返還免除の条件を満たさなかった場合は、1カ月以内に全額を返還しなければいけないなど、厳しい規定があります。貸与を受けるには書類審査や面接があるため、将来的にどんな医師として活躍したいのか、具体的なイメージを持った上で申請するようにしましょう。

無料で通える医学部

主な奨学金まとめ 私立大学

共通の奨学金(PDF)