静岡から医学部へ 〜塩川 巧くん(東海大学 合格)〜

塩川 巧くん(静岡サレジオ高校卒)
2021年度入試で東海大学に合格

なぜ医師になろうと思ったのでしょうか

幼稚園のときに、眼の手術を経験したんです。ですから、その時から医師というものが、私にとっては身近な存在だったんです。主治医の先生が、すごく気さくな方でした。慣れない入院生活で、すごく不安だったのですが、よく話しかけてくれて、その話もすごく面白かったんです。ですから、医師という職業については、プラスのイメージしかないんです。

中2のときには、職業体験で病院に行きました。いろいろな医療従事者の方たちが患者さんをサポートしている中で、医師が現場を指揮しているのを目の当たりにして、やはり医師になりたいと思いました。小さい頃から医師になりたいと言い続けてきて、正直、医師以外の職業はあまり考えたことがありません。

母が看護師をやっていましたが、家族、親戚にも医師は1人もいません。ですから、目の手術をしていなければ、全く別の職業を目指していたと思います。

医学部を目指すことに対し、ご両親の反応はどうだったのでしょうか

医学部受験をするとなると、金銭面の負担もありますし、塾までの送り迎えなど時間も手間も取られるのですが、嫌な顔ひとつせず応援してくれました。すごく感謝しています。早く医師になって、恩返ししたいです。

小学校から静岡サレジオに通いました。中学受験は考えなかったのでしょうか

確かに、今でこそ内部進学者が増えましたが、当時は半分くらいの生徒が別の中学を選択していました。仲の良い友人も中学受験をする予定だったので、少し興味はあったのですが、親も交えた小学校との最終面談で内部進学することに決めました。

工藤塾と提携もしていますし、静岡サレジオに進学して、本当に良かったと感じています。最終的に、現役で医学部に合格することができたので、運命の分かれ道だったのかもしれません。

中3のときに、エグゼコース※を選択しました

※静岡サレジオの 医学部をはじめとした難関大学進学を目指すコース

やはり、医学部に行くにはエグゼコースがいいので。エグゼコース進学者は、学力の高い人たちが多かったですし、仲の良い友人も多くいたので、良い環境でした。

実際、医学部を志望していた5人は、全員が合格しました。そういった人たちと一緒に勉強してこれたからこそ、私も医学部に合格できたと思っています。エグゼコースは19人いたのですが、すごく仲が良く、楽しかったですね。尊敬できる、良い仲間に恵まれました。

東海大学の受験科目では、物理を選択しました

東海大学の受験前日に、前半戦で受験して、手応えのあった大学も全部不合格だと分かりました。「これはもう、受からないんじゃ・・・」と、絶望しながら東海大学を受けることになりました。

そこで、理科の選択で勝負に出ました。両科目を指導していただいた先生から「化学はディフェンスで、物理はオフェンスになる」と言われていたのですが、どうせ受からないのであれば、物理に挑戦してみようと。前日に解いていた問題集で、物理の方が調子が良かったことも、決断を後押ししてくれました。

運命の選択でしたね

本当にそうでした。科目によって解答用紙の色が違うのですが、試験終わった後に周りを見たら、みんな化学か生物選択ばかりで、周囲で物理選択は私だけでした。

学科の手応えはどうだったのでしょうか

数学は、全然できなくて、多分3割くらいしか合っていなかったと思います。まあ、落ち込みました。勝負した物理は6割くらいの出来でしたが、力は出し切れたと思います。

英語は、自己採点をしたら、9割近く取れていました。英語は最後の科目だったので、「どうせ落ちているんだろうな」と暗い気持ちで受けることになったのですが、英語に救われました。

静岡サレジオは英語に力を入れていたので、小学生の頃から授業がありました。小さい頃から英会話も習っており、英語に頻繁に触れる環境があったからこそ、英語を得意になれたのかなと感じています。

受験勉強を振り返って

やっぱり、中学の頃からちゃんと勉強しておけば良かったなと痛感しています。小学校、中学校の頃は、あまり勉強していなかったんですけど、それなりの点数が取れてしまっていました。ですから、勉強を甘く見ていたんです。そこそこ取れているから、大丈夫なんじゃないかと。小中学生のうちに勉強する習慣をつけていれば、もう少し楽に合格できたのかなと思います。

進みたい科はありますか

心臓外科に進みたいと考えています。手が器用な方ですし、内科と違って短期で症状を改善させたり、根治させたりすることができるじゃないですか。その方が、自分に合っているんじゃないかなと思います。手術が成功したのか失敗したのか、結果がシビアに出るので、大変な面もありますし、激務だと思うので、部活で体力づくりをしたいです。もともと身体が細く、あまり強くなかったのですが、テニス部を続けることで体力がついたので、大学でも運動を続けたいと思います。

海外にも興味があります。日本だと移植手術の症例が少ないので、海外で技術を学びたいという思いもあります。東海大学は、留学にも力を入れているので、良い大学に合格できたと思っています。