静岡に医師を!
TOPICS

ランキング

2016年の人口10万人当たりの医師数 静岡は207.8人で47都道府県中41位

静岡 前回調査の2014年からは3.1%増 厚生労働省は12月14日、2年に1度実施している「医師・歯科医師・薬剤師調査」の概況を発表しました。同調査によると、2016年12月31日現在における全国の届出医師数は319, …

国公立大学医学部 5年間の平均医師国家試験合格率ランキング

浜松医科大学が国立で合格率2位 静岡で唯一医学部がある浜松医科大学は、国立大学の中で2位と、高い合格率を維持しています。24時間使用できる図書館があり、グループワークの伝統がその土台となっているようです。在校生に聞くと、 …

私立・準大学医学部 5年間の平均医師国家試験合格率ランキング

トップは自治医科大学の99.3% 医学部に入学する目的は医師になることですが、そのためには医師国家試験に合格する必要があります。合格率の向上は各大学でも大きな目標の一つとなっており、医学部での勉強の厳しさは他学部の比では …

国公立大学医学部 5年間の平均偏差値ランキング

隔年現象に注意 国公立医学部受験では、受験者数が増加した翌年は受験者数が減り、減少した翌年は増えるという「隔年現象」が、私立と比べて顕著です。国公立には学費※や試験日程による差が基本的にない上、国公立志望者は全国の医学部 …

私立・準大学医学部 5年間の平均偏差値ランキング

来年の偏差値予測の参考に 私立医学部受験では毎年、試験方式・科目・日程の変更や、学費値下げ等によって、志願者数や偏差値が変動しています。受験者数が増加した翌年は受験者数が減り、減少した翌年は増えるという「隔年現象」も一部 …

国公立大学医学部 センター・二次 配点比率ランキング

最高69.2%、最低20% 国公立の医学部を志望する場合には、センター試験+二次試験が基本です。しかし、その比率は大学によって大きく異なります。 センター試験では90%以上の得点率を狙い、余裕を持って二次に臨むのが基本戦 …

医学部の現役生/既卒生 比率ランキング

国公立は現役、私立は既卒の比率が高い 大学ホームページ等で現役/既卒生の数を公表している医学部は、国立20校、公立3校、私立18校の計41校でした(2017年7月現在)。医学部受験の難しさを表すように、国立/公立/私立全 …

私立大学医学部 学費ランキング

日本医科大学が値下げ 日本医科大学が平成30年度より、6年間の学費を570万円引き下げ、2,200万円とすることを発表しました。諸経費を含めても総額約2,229万円で、国際医療福祉大学、順天堂大学、慶應義塾大学に次いで4 …

センター試験 医学部ボーダー得点率ランキング

センターで90%を目指す 国公立入試は、基本的にセンター試験+二次試験の総合点で合否が判定されます。第一関門となるセンター試験ですが、国公立医学部のボーダー得点率(合格率50%)は、83%〜94%と非常に高くなっています …

国公立大学医学部 偏差値ランキング(2017年度)

2015〜2017年度のボーダー偏差値の推移をまとめました。2017年度のボーダー偏差値を元にランキング形式で表示しています。 偏差値上昇 70.0▶︎72.5:京都大学 67.5▶︎70.0:千葉大学、神戸大学 65. …

1 2 »
PAGETOP
Copyright © 医学部合格応援サイト「医学部ラボ」 All Rights Reserved.